雑学

謙信寿司(笹寿司)の由来とは

謙信寿司(笹寿司)の由来とは

お蕎麦屋 西及茶や左上の笹の葉に乗ったお寿司が謙信寿司

長野県の飯山には、古くから伝わる謙信寿司という郷土料理があります。

謙信寿司とは、別名笹寿司とも言い、これは笹の葉の上にすし飯をのせ、さらにその上に具材を載せた料理のことで、具材はぜんまい、しいたけ、人参、しょうが、くるみ、紅しょうが、玉子など様々です。

地元でとれた山菜を用いた、手作りの素朴な味わいが魅力の郷土料理で、地元のひとはお祭りや祝い事の際に謙信寿司(笹寿司)でお祝いします。

この飯山名物の笹寿司のことを、なぜ「謙信寿司」と呼ぶかと言うと、戦国武将の上杉謙信が甲斐国(山梨)の武田信玄と争った川中島の戦いに由来します。

この戦いで上杉謙信が出陣する際、信越の国境付近の飯山富倉地域の人々が、笹の葉の上にご飯とおかずを一緒にのせ、献上したことが「謙信寿司」の発祥だと言われています。

>>富倉のおそば屋さんと地域のマップ

笹の葉には抗菌や防臭、防腐作用があり、謙信は、この笹の寿司を戦のときに保存食として携帯していたそうです。

謙信寿司(笹寿司)が食べられるお店

ぜにがめ堂

かじか亭

道の駅・花の駅千曲川「cafe里わ」

西乃茶や

雪と寺の町のDining 六兵衛

富倉そば 支店